~トゥレット症候群、チック障害の正しい理解、そして暮らしやすい社会を目指して~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月3日にJDDネットから加盟団体に下記の案内がありましたので、掲載いたします。
参加ご希望の方は下記の申込先に直接お申込みください。



障害者制度改革推進会議総合福祉部会構成員等の有志による「障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラム実行委員会」主催の2月の市民フォーラム(東京会場)のご案内です。
年度末のお忙しい時期とは存じますが、今後の障害福祉を知る上では欠かせない最新情報が満載ですので、ぜひ、関東方面の多くの皆さまにご来場頂ければと存じます。
事前申し込みが必要です。詳しくは添付資料をご覧ください。皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております。

◆障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラム開催のご案内

日時: 平成23年2月26日(土)午前10時開始 9時半受付

場所: 日本財団ビル2階ホール 資料代1000円 先着(150名)

プログラム:

~激動の時代に、障害のある方のノーマライゼーションをもう一度考える~

9:45        開会の挨拶                  主催者
10:00   「行政説明 平成23年度の障害者福祉について」        
        厚生労働省 障害保健福祉部 障害福祉課長 土生 栄二氏
10:45   休憩
11:00  「つなぎ法案で変わる障害者福祉を踏まえて総合福祉法を考える」
 又村あおい 氏(全日本手をつなぐ育成会・機関誌編集委員)
 片桐 公彦 氏 (全国地域生活支援ネットワーク事務局次長)
        野澤 和弘 氏(論説委員・障がい者総合福祉部会委員)    
  
     
12:30      昼食

13:40 シンポジュウム
 「政治と福祉 これからのこの国の障害福祉の形」
       第一部
   自由民主党 障害者特別委員会委員長 衛藤 晟一議員
  民主党 障害者政策プロジェクトチーム事務局長 中根 康浩議員






  公明党 障がい者福祉委員会委員長 高木美智代議員
  コーディネイター 滋賀県社会福祉事業団理事長 北岡 賢剛氏 
 
休憩
第二部
     「これから地域で生きてゆく上で大切な事について」
   各団体からの意見・要望を中心に
    JDDネット、全日本手をつなぐ育成会、日本知的障害者福祉協会、






     全国肢体不自由児・者父母の会連合会、
    全国重症心身障害児(者)を守る会 
     自立生活センターSTEPえどがわ
   コーディネイター 全国地域生活支援ネットワーク田中 正博 氏 

16:45  閉会の挨拶                    主催者

申込先
 FAX 03-3387-0820(愛成会)行き
[障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラム実行委員会]
 事務局 全国地域生活支援ネットワーク(愛成会:担当 片山、森田)宛て

 申込用紙     <申込み締め切り2月20日>

詳細および申込用紙はこちらをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。