~トゥレット症候群、チック障害の正しい理解、そして暮らしやすい社会を目指して~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あつい、あつい、レク!

7月18日、今年は葛西臨海公園で協会のレクリェーションを行いました。場所が良かったからか、前もっての宣伝効果か、のべ30名(子ども4歳~高校生で10名、大人は20名)の参加でした。

梅雨明けのぎらぎらした太陽の下、自己紹介ゲームから始まって水の入った袋を豆腐に見立て、名前を呼んで上に放り投げて渡すゲームや、2チームに分かれてじゃんけんをし、勝ったら負けた人を追いかけてタッチし味方をふやすゲームなど、有澤先生が様々なゲームをリードしてくださり楽しく遊びました。

大人はへとへとでも子どもたちは「もっと!もっとバトルしたい!」と大はしゃぎ。給水したりアイスキャンディーを食べながら、無理することなく楽しめました。そのうちに、こども達は子ども同士で話したり遊んだりし始め、最後には名残惜しそうに住所を交換してわかれました。

チックを出しながらのこども達が、お互いを認め、徐々に仲良くなっていく様を見て、外あそびを通しての交流って大事だなぁと思いました
来年は、より一層の参加を、特にTSのこども達は全員集合!しちゃいましょう


                             理事 菅野 彩子記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。