~トゥレット症候群、チック障害の正しい理解、そして暮らしやすい社会を目指して~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/24、飯田橋にて「会員のつどい」を開催いたしました。30名近くの方が参加されました。
これからも他の行事との兼ね合いも考えながら開催していきたいと思っております。
次回の「会員のつどい」は12月になります。下記の通り開催いたしますのでたくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
1月は1/16を予定しております。時間場所については後日お知らせいたします。11月の教育シンポジウムにてお知らせのチラシを配布予定です。

日時: 平成22年12月19日(日)11:00~14:00   
(10/24に参加された方には13:00~17:00とお伝えしましたが変更いたしました。)


場所: 東京ボランティアセンター・市民活動センター会議室A   
       東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ10F
       【最寄駅】JR飯田橋(西口)、地下鉄飯田橋(B2b出口)
       詳しい地図はこちら

参加費:無料
       (今回は会場費が無料のため無料となります。)

持ち物:会員証、昼食・飲み物など    
      (会場は飲食可ですので、飲み物、昼食おやつなどご自由にお持ちください。)


問い合わせ先:NPO法人日本トゥレット協会事務局
      (木曜日のみ、電話問い合わせ10:00~15:00)
       連絡先はリンクされている協会ホームページをご覧ください。


* お子様を連れての参加も可能ですが、託児の用意はありませんのでご了承ください。

* 「会員のつどい」ですので、会員以外で参加ご希望の方は新規ご入会をお願いいたします。

お願い

会場確保の都合により、場所や時間が変更になる場合があります。ブログで随時お知らせいたしますが、メールにて通知をご希望の方は協会のメールフォームから「会員の集い」の開催通知希望とご記入の上、送信をお願いいたします。
メールフォームはこちら

都内は会場の確保が難しい状況にあります。東京ボランティアセンターもアクセス・料金面からも人気があり競争率が高い施設です。キャンセルなどの状況により場所・日程・参加費などの変更がありうることを、予めご了承ください。
スポンサーサイト

11月の関西ピアグループの活動についてお知らせいたします。
詳しくはこちら(10月のお知らせをご参照ください)

開催日時:11月27日(土)10:30~12:00

      (9:00~13:00まで世話役・服部が在室しております。)

場所:大津市ふれあいプラザ 4・5階 和室

                   理事 服部兼敏


大津市ふれあいプラザ
大津市までのアクセス

10月24日(日)会員のつどいを開催いたします。
詳細はこちら

会員のつどいですので、会員証をお持ちください。
(もしお忘れになっても、名簿で確認させていただきますのでご安心ください。)
当日入会も可能ですので、受付に申し出てください。

ピアグループの活動を始めて1年が経ちました。

何をどうすればよいかわからない、でも始めてみようと思い立ちピアグループの活動を始めて1年が経ちました。まだ参加メンバーは少数、時に世話人の方が多いときもありますが、続けることは大切です。これまで小さな勉強会としたり、皆で嵯峨野のトロッコ列車に乗りに行ったり、はたまた京都の花見としゃれこんだり。

ようやく定期的に開催できるようになりました。その間、関西地区で大人のADHDのピアグループである関西ほっとサロンに参加させてもらい、運営の仕方を勉強したり。

先回は大津市ふれあいプラザ(〒520-8530 大津市浜大津四丁目1番1号明日都浜大津4・5階  077-527-8351)の和室に場所を移してました。
和室という環境は、日本人には合っているようでずいぶんリラックスした時間がとれたようです。この和室を使うというのは、関西ほっとサロンから学んだ方法です。
そこで今月も10月23日(土曜日)に上記の大津市ふれあいプラザで開催します。世話役の私、服部は9時から13時まで部屋におりますが、来たい時に来て、帰りたいときに帰っていただいてけっこうです。近くには琵琶湖が広がっていますから、天気がよかったら途中琵琶湖を眺めて、また戻って見えてもけっこうです。

コアタイム、つまりこの時間帯にみんなが集まってくれたらうれしいという時間帯は、10時半から12時です。コアタイムですからどうしてもこの時間帯にいなければならないのでなく、体調や気持ちに合わせて早く見えても、早めに帰られてもかまいません。話題も決めず、その場でよもやまばなし、お互いに励ましあってもいいし、お昼寝でもかまいません。ここの主人公はトゥレッター、気兼ねなく過ごしてください。

23日からニックネームを使ってもらおうと考えています。これも関西ほっとサロンで学んだ、お互いのプライバシーを守る方法です。参加される方はピアグループで用いる自分のニックネームを準備してきてください。ネームタグは、世話人が準備します。(これまではメンバーも少なかったので実名を使っていました。しかし興味本位の第三者が紛れ込むのを避けるため参加を希望される方は、hattorik@mx6.mesh.ne.jp(服部)まで予めご連絡ください。名前、トゥレット症候群の当事者・家族、あるいは日本トゥレット協会会員であることを確認させていただきます。)

まだ開催場所が確定できない(もっとよい場所はないかと探している最中です)など課題はたくさんありますが続けてゆくつもりです。会場は、京阪大津線の浜大津駅と歩道橋でつながったビルです。


開催日時:10月23日(土)10:30~12:00
終了しました      
(9:00~13:00まで世話役・服部が在室しております。)
場所:大津市ふれあいプラザ 4・5階 和室
     

大津市ふれあいプラザ
大津市までのアクセス

           理事 服部兼敏

~「教育シンポジウム2010」の受付の募集~

来る11月21日(日)の受付のボランティアを募集いたします。
当日11月21日12:00までに会場受付にいらしてください。

ご協力いただける方は11月17日(水)まで電話またはFAXでお知らせください。

電話・FAX 03-3200-5451(電話は木曜10:00~15:00のみの対応になります。)



次回、神奈川地区の集いのお知らせです。

都合により11月、12月は休会します。

原則「会員の集い」ですので、会員以外のかたはご遠慮いただいております。但し当日入会も可能ですので参加ご希望の方は協会までお問い合わせください。
 
<神奈川地区の集い>

日時:平成23年 1月9日(日)12:00~15:00

場所:長津田地区センター


NPO法人日本トゥレット協会 「教育シンポジウム2010」のお知らせをいたします。

教育シンポジウム2010

様々な子ども達への支援を考える

~チック・強迫症・LD・ADHD等の子ども達への学校での対応~

日時:2010年11月21日(日)13:00~17:00 受付開始12:15

会場:東大病院入院棟A15階 大会議室
   (休日のため急患入り口から入ってください)  

     地図はこちら

対象:協会会員、家族、学校関係者、(行政・教師・スクールカウンセラー等)、一般


会費:協会員 1,000円  非協会員 2,000円

<シンポジウムの構成> 13:00-16:00
 司会:有澤直人先生:協会理事:通級指導学級教諭
シンポジウムの趣旨説明とシンポジストの紹介
提案1「トゥレット症候群の基礎的理解と併発症状に対する学校での対応のポイント」
    金生由紀子先生:協会理事:東大病院こころの発達診療部医師 
提案2「トゥレット症候群に対する学校教育の現状」
   樋口一宗先生:文科省初等中等教育局特別支援教育課 特別支援教育調査官
提案3「トゥレット症候群に対する学校の支援の実際」
    森下由規子先生:特別支援学校教諭
提案4「学校や制度に期待すること-トゥレット症候群の保護者の立場から-」
       
保護者フロア-を含めたそれぞれの提案を受けてのフリ-ディスカッション


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。