~トゥレット症候群、チック障害の正しい理解、そして暮らしやすい社会を目指して~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク集よりチックのページについてのご紹介
~ご家族に向けてのメッセージ~
当協会会長が協会設立前にホームページ「チックのページ」を立ち上げて、トゥレット症候群についてのネット上での啓発活動をはじめて15年目を迎えます。現在ホームページの更新は行われていませんが、子育てや自分自身と向き合うことについて参考になる文書が掲載されています。
※協会に連絡先など一部変更になっておりますが、詳細は現在のhttp://tourette-japan.comをご参照ください。

「チックのページ」管理者からのメッセージ
~Ms Packerはトウレット症候群(TS)のお子さんの母であり,心理学者であり,米国NYにあるCaptree Learning Center(TSの子供達のための特別プログラムをもった小学校)およびNesaquake Learning Center(中学校・高校)の設立・運営に参加されています.
 私は,彼女のホ-ムペ-ジ(TS+)の中にある「親御さんへ」というこの手紙を見て,米国と日本という環境の違いはあるものの,家族の心情には同じものがあると感じ,是非日本のご家族にもこの手紙をお伝えしたいと思い,Packerさんにお願いしたところ快くお許しをいただきましたので,ここに掲載します.~
内容はこちらをクリック
スポンサーサイト

IMG_0002_convert_20130506160523.jpg

先日開催いたしました当協会主催の「医学・医療講演会2013」の受付にてお配りいたしました『チックくせをよく知ってうまくつきあっていけるように』というパンフレットは東大病院こころの発達診療部の金生先生からお分けいただいた小冊子です。
同じ内容がPDFでダウンロードすることが可能です。
チックについて大変わかりやすく説明されています。ご家族、学校、あるいは職場などで理解を深めてもらうために利用いただけたらと思います。

東大病院 こころの発達診療部 ホームページはこちら

チックやくせとうまくつきあっていけるようにPDF

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。